ミルクを吐き出す…

実は娘のミルクの飲みのことで、すごく悩んでました。

ミルクを飲ますと最初のうちは飲んでそうにしてると思いきや、
急にブワァ~っと口に溜めていたミルクを吐き出すんです…。

本当はミルクはその都度作った方が良いんてすが、
病院に入院してた際は、毎日同じ時間に、まる1日で飲むであろう
ミルク量を何本かの瓶に分けられたものが病棟に届けられます。
うちも2人目と言うこともあり、段々と小技を使い、つい楽して手抜きしちゃうという…良くないんですが(笑)退院してからはうちも24時間以内に飲み干せる量のミルクを何本か作って、冷蔵庫に保管しておき、
あげるときに暖めててあげたりしていました。
娘も成長して味もわかるようになってきた事だろうし、
それで飲まないんじゃないかと、
一から作りたてのものをあげてみても、

ぶえぇ~っと吐き出す。

それか今度は離乳食を始めてから、娘は食べることが大好きで、
すぐ完食してしまうぐらいなので、もしかしたらミルクの味が嫌になってしまったんじゃないかと、心配したり…。


でも今日やっとその謎が解けたんです!!


それは…


哺乳瓶の乳首のサイズが合わなかったんです…。


初めの頃はSSサイズを使っていたけど、NICUにいたこともあり
すぐに合わなくなりSサイズに変更。

暫く使っていたけど、そろそろMサイズにする頃かな?
飲むスピードが早くなるかもしれないし、飲みやすくなるだろうと思い、Mサイズに変更。

よく飲みを良くするために乳首に穴をあける、
というのもちらほら聞くし…

これまで順調に来ていたので、同じ流れでそろそろ娘も8ヶ月だし
Lサイズで良いんじゃないかと、Lサイズを買って、
今度はMサイズと交互で使い始めました。


何か極端に飲まない時がある…。
ガーゼもびちょびちょになり、服もすぐ襟回りが濡れちゃって
洗濯機行き…の繰り返し。


そう、Lサイズであげていた時だけ、
乳首の穴が大きいことでムセてたんです…。


私ってば、気付くのが遅すぎるー!!
なぜ気づかなかったのか、ほんとドジだなぁと何度も何度も反省(笑)


これに気づいてからはちゃんと毎回Mサイズの乳首で飲ませると、
グイグイとこぼさす飲むじゃあありませんか…!


娘もきっと…
「この乳首の穴飲みづらい!」
「そうこっちよ!こっち!」
と、思っていたに違いない。


ごめんよ娘…。


娘にとっては今はMサイズがベスト。


ちなみにうちが使っている乳首のサイズ、Sサイズが生後1か月ごろ~
Mサイズが生後3ヶ月ごろ~、Lサイズが生後6ヶ月ごろ~、
だそうです。生後3ヶ月ごろ~のやつに戻っちゃいました!
うちの場合はその表記、あまり参考にならないです(笑)


ちなみに離乳食は、現在生後10ヶ月の娘は、
市販のもので言うならば、7ヶ月ぐらいのものをあげています。
9ヶ月ごろのものは、娘にとってはまだ粒が大き過ぎるみたいです。


娘にとってちょうど良いものを、ちゃんと考えて与えていかないとなぁ~と思いました。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

こころさく。

Author:こころさく。
ダウン症児と向き合う、育児、療育ブログ。
H25年1月に次女が誕生。生後すぐNICUに。チアノーゼ、多血症、肺高血圧でした。退院後の検診で、心房中隔欠損症と肺動脈狭窄症の疑い。心臓カテーテル検査後、新た乳び胸がわかり、ドレーン貯留し入院継続。胸水が溜まらなくなり、退院。
手術が決まり再び入院するが、カテ後手術不可の判断。内科的治療を開始し、1年後再びカテ入院。検査結果、肺高血圧の改善がみられました。現在引き継ぎ内科的治療で経過観察中。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR