スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウン症iPS、修正成功。余分な染色体の働き止め、将来は治療応用も。の記事に関して。

久しぶりの更新です。

驚く記事を発見しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130718-00000010-jij-sctc
h

この記事によると、将来的に治療ができる可能性は出てくるかもしれない。
研究が進み、仮に実証されるようになったとしても、随分先のことにも思えるが。


しかしいつか、ダウン症が「治る」時代が来るのか?


確かにダウン症は知的障害や心臓病、さまざまな合併症があり、それらはないにこしたことない。親としては勿論、病気などなく身体も元気であってほしい。


もしその治療ができるようになったら、今の病気も治るの?

外見や性格、その子の個性までも変わってしまうのかな?


それは実に考えもの。


今は赤ちゃんだけど、これから病気を乗り越え、
その後は療育などに通って、障害や色々な困難にも立ち向かっていく。
家族としてもこの子の愛情をたっぷり与え共に、
一緒に成長していく。


そうやって家族の絆はより深まっていく。


その乗り越えた先にはきっと笑顔が溢れているし、その子なりの素晴らしい個性があると思う。



でも、その個性を、その子そのものまでも変えてしまうのはどうなんだろうか。


良くも悪くも、妙に複雑な気持ちになってしまいます。


今の医学の進歩は素晴らしいし、実際に私たちも、子供の心臓病に関しては頭が上がらない。
先生方にも、すごく感謝してる。

ただその医学の進歩は時により、それが本人にとって幸せなことなのか?
と考えてしまう。


皆はこれを見てどう思うのかな。


このニュース記事に対して賛否両論だとは思うけど、皆のそれぞれの考えや意見にも興味はある。


うーん、なんだか今は非現実的な感じ、と言うことが率直な意見だけど、人類の進歩と共に、世の中には新たなモノがどんどん産み出されていく。


良くも悪くも。


決して人事ではないから、なんとも言えない、不思議な気持ちになりました。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


※以下引用

ダウン症iPS、修正成功=余分な染色体の働き止める―将来は治療応用も・米大学
時事通信 7月18日(木)2時5分配信
 ダウン症候群の患者の細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、特殊な遺伝子を使って通常より1本多い染色体の働きをほぼ止めることに、米マサチューセッツ大医学部のジャンヌ・ローレンス教授らが成功した。17日付の英科学誌ネイチャー電子版に論文を発表した。
 この遺伝子は女性に2本あるX性染色体のうち、片方の働きを止めている「XIST」遺伝子。
 ダウン症は21番染色体が通常の2本でなく、3本あることが原因で起きる。知的発達の遅れや心臓疾患などの症状や程度はさまざまで、21番染色体にあるどの遺伝子の働きが多いことが原因なのか、詳しい仕組みの解明が進んでいない。
 しかし、この技術を応用すれば、同じ患者の細胞で21番染色体の働きを制御して影響を調べられるため、症状と原因遺伝子の関係の解明が進むと期待される。
 これまで一つの遺伝子の異常が原因で起きる病気には、遺伝子治療が試みられてきた。ローレンス教授は「長期的にはダウン症患者の『染色体治療』ができる可能性がある」と説明している。同教授らは今後、ダウン症のモデルマウスを使って、染色体治療ができるか取り組む方針。 
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

きょんきょんさん♪

お久しぶりです~!!退院後は家のことなどバタバタと忙しい日々を送っていてブログ放置しちゃってました…!
さっそくコメントありがとうございます。
そうですね、IPSに関してはまだまだ未知なる部分が多いので、今後の動向に注目しつつ、子供の事は最優先に考えていきたいですね。
見守って行きましょう。きょんきょんさんのブログも楽しみにしてますね☆

お久しぶりです!!

更新がなかったので、少し心配でした。。。
(ーー;)

iPSちょっと期待してしまいますね。
やはり我が子も、心臓の疾患はどうしても心配なので、全く心配が無くなるのであればそれに越したことはないと…
ただ、疾患など一部分ではなく、トリソミー全体にはどんな影響がでるのか??
将来どうしても親の私たちの方が先にいなくなると、一人で生活していけるようになるのか?
また、治療を受けて人格などに影響がでないのか?
見えない不安はたくさんありますね…

こども達が一人立ちするまでには、もっと情報も治療も出てくるはず。期待はしつつ、慎重に子供達のために道を選んで行きたいですね。
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

こころさく。

Author:こころさく。
ダウン症児と向き合う、育児、療育ブログ。
H25年1月に次女が誕生。生後すぐNICUに。チアノーゼ、多血症、肺高血圧でした。退院後の検診で、心房中隔欠損症と肺動脈狭窄症の疑い。心臓カテーテル検査後、新た乳び胸がわかり、ドレーン貯留し入院継続。胸水が溜まらなくなり、退院。
手術が決まり再び入院するが、カテ後手術不可の判断。内科的治療を開始し、1年後再びカテ入院。検査結果、肺高血圧の改善がみられました。現在引き継ぎ内科的治療で経過観察中。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。